前立腺肥大症(BPH)の症状・原因と治療法

55歳以上の5人に1人が悩む病気

前立腺肥大症に悩む人の数は、年齢が高くなるにつれて増えています。増え始めるのは50歳を過ぎてから。統計によれば、日本の55歳以上の男性の2割、5人に1人に前立腺肥大の症状があることがわかっています。

55歳以上の5人に1人が悩む病気

前立腺肥大症とは?

膀胱の下にある前立腺が肥大して、尿道を圧迫し、排尿障害を起こす病気です。症状は次に説明するように、人によって、実にさまざま。健康なときには、無意識に済ませている排尿がスムーズにいかなくなることで、日常生活に大きな支障をきたします。

前立腺肥大症とは?

前立腺肥大症の症状

前立腺肥大の症状は、具体的には次の7つがあげられます。

(1)排尿後、まだ尿が残っている感じがする(残尿感)

(2)トイレが近い(頻尿)

(3)尿が途中で途切れる(尿線途絶)

前立腺肥大症の症状

原因

なぜ前立腺が肥大するのか、いくつかの仮説はありますが、はっきりした原因はわかっていません。ただ、加齢と性ホルモンが何らかの影響を及ぼしていることは確かなようです。前立腺肥大症が50歳以降から増え始め、年齢が高くなるにつれて発症する人が多くなっていくことから、加齢が関与していることは、確実です。また、思春期前に事故などで精巣を失った男性は年をとっても前立腺肥大にならないことがわかっており、性ホルモンも何らかの影響を与えているのではないかと考えられています。

原因

診断と治療

排尿障害などで日常生活に支障がある場合、まず医療機関を受診しましょう。一般的に初診時に行なわれるのは問診です。どんな症状で困っているのかを具体的に伝えましょう。国際前立腺症状スコア(I-PPS)という症状の程度を調べる質問票を使って、症状とその程度を点数化する方法もあります。自覚症状の程度がわかったあとは、前立腺や膀胱、尿道の状態を調べるための検査を行うことがあります。排尿障害があるからといって、必ずしも前立腺肥大症とは限りませんから、他の病気の可能性も含めて確認するための検査です。初診で行う検査は、腹部エコー検査、血液検査、尿検査などです。これらは比較的簡単な検査です。不安がらずに早めに医療機関を受診しましょう。

更に詳しく調べるための前立腺肥大症の検査としては、直腸内指診、尿流測定、残尿測定、直腸エコー検査、X線検査などがあります。

→詳しくは「検査の内容」へ

治療には薬による治療と手術、その他の治療法があります。

→詳しくは「前立腺肥大症と過活動膀胱の治療薬」「その他の治療法」へ

過活動膀胱『カンタン120秒解説』
Webムービー

過活動膀胱『カンタン120秒解説』Webムービー
男性トップ