過活動膀胱(OAB)の簡易検査

排尿に関係する症状があっても、「年だから仕方がない」「恥ずかしい」などの理由で病院・医院へ行って診断や治療を受けることなく、がまんしたまま不便でゆううつな生活を続けている人も多いようです。排尿の症状は、きちんと診断を受けて治療すれば改善できます。また早めの治療で症状の悪化を防ぐこともできます。お悩みの方は、ぜひ、早めに医療機関の受診し、適切な治療を受けることをおすすめいたします。
ここでは、前立腺肥大症、過活動膀胱、前立腺がんを中心に、泌尿器科での診断や治療についてご紹介します。

簡単な検査【男性の場合】

1)尿検査
尿の成分や性質を分析し、血尿がないか、細菌が入っていないかなどを調べます。がんや感染症などの病気をみつけることができます。

2)血液検査
血液検査からは全身の健康状態を反映する、多くの情報が得られますが、泌尿器科でおもにチェックするのは、腎臓の機能、炎症の有無、前立腺がんの目安になるPSA(前立腺特異抗原)です。
前立腺に腫瘍ができると、PSAというたんぱく質が血液中に増えてくるため、自覚症状が出ていなくても、前立腺がんの早期発見が可能になります。ただし、この値は前立腺肥大症、急性前立腺炎など他の病気でも高くなることがあるため、前立腺がんかどうかの判定はPSA値だけではなく、他の検査結果と併せて行うことが必要です。

3)腹部エコー検査
腹部エコー検査 お腹や背中に超音波の出る器械を当て、中の臓器の様子を画像で見る検査です。膀胱に残っている尿(残尿)の量や、腎臓・膀胱・前立腺の形や状態、がんや結石がないかなどを調べます。

排尿トラブル改善.comトップページ  >  男性向けトップページ  >  検査の内容  >  簡単な検査【男性の場合】
ページTOPへ