前立腺肥大症の治療薬との飲み合わせ

規則正しい生活とは 前立腺肥大症の治療に使われるα1受容体遮断薬は、高血圧の治療にも使われるものもあります。もし、前立腺肥大症と高血圧の両方の治療を、同時に受けているとしたら、泌尿器科、内科、それぞれで同じ薬を処方され、二重になってしまう可能性があります。気づかないまま飲んでしまうと、2倍の量の薬を飲むことになり、血圧が下がりすぎて、立ちくらみを起こすなど思わぬ副作用を招きかねません。またα1受容体遮断薬とED(勃起不全)のお薬の併用により低血圧を起こすことがあるので注意が必要です。
また、風邪薬や抗コリン剤、向精神病薬、抗うつ剤という種類の薬のなかには前立腺肥大症の患者さんは飲まないほうがいい薬があります。 ほかの病気で医療機関にかかる場合は、現在、前立腺の治療で薬を飲んでいることを必ず伝えましょう。

排尿トラブル改善.comトップページ  >  男性向けトップページ  >  自分で出来るトレーニング  >  注意しましょう!薬の飲み合わせ
ページTOPへ